日本モーゲージは不動産担保ローンをメインとした融資を行っております。

不動産担保ローン・用語解説

第二抵当権

1つの不動産に対して2つの抵当権が設定される場合、先に設定されたものを「第一抵当権」、次に設定されたものを「第二抵当権」と呼びます。

この第一、第二という表現は、担保に供した物について優先的に弁済を受ける権利の『優先順位』を表しており、中には、更に第三、第四と複数の抵当権が設定されるようなケースも存在します。

融資額が大きい事業資金については、不動産にいくつも抵当権が付くことはあります。 広大な土地や建物に対して、いくつも金融会社からの借入で、返済計画がきちんとしていれば、融資も可能です。

第二抵当では、第一抵当より借りれる金額はかなり低くなる場合が多く、第二抵当では融資を行っていない金融会社もありますが、当社では、二番抵当からのご融資にもご対応させて頂いております。

まずはご相談ください。