銀行取引停止処分について

まずはかんたん査定

不動産用語集- glossary -

不動産専門用語の解説随時情報を更新しております

銀行取引停止処分(ぎんこうとりひきていししょぶん)

銀行取引停止処分とは手形交換所取引停止処分ともいい、手形不渡り処分のことをいいます。

交換持出し手形・小切手が「資金不足」や「取引なし」など支払義務者の信用に関する事由によって不渡りとなった場合、手形交換所規則に基づく「不渡り処分」を受け、全金融機関に通知されます。その後6ヶ月以内に再度不渡届が提出されると、金融機関と当座預金取引・貸出取引(融資を受けること)が2年間できなくなります。

さらに、上場企業の場合、証券取引所が定める上場廃止事項に抵触し、上場廃止の決定が下されることになります。

担保不動産を重視し、融資をしております大阪府・兵庫県・近畿圏以外のエリアの担保物件もOK

かんたん査定お申込み必要最低限のご入力で、最短当日にご返答させて頂きます

個人情報の取り扱いについて

当社では、個人情報保護に関する法律及び関連法令・金融庁ガイドライン等を厳守し、お客様の個人情報を徹底的に管理、保護いたします。情報を送信いただく前に必ずプライバシーポリシーをご確認ください。またこの送信により頂いた情報は「お申込に関するご返答」のみに使用致します。その他の使用は行いません。

データの取り扱いについて

データの流用・第三者への開示・社外への持ち出し等の行為を厳重に監視し、万全のセキュリティチェックを行っております。
また、後追い営業等の行為は一切行っておりませんのでご安心ください。

当社は、正式申込みの前の事前査定を導入しております。簡単な入力だけで、最短当日に結果をご返答いたします。

会社名(個人の方は不要)必須
会社名フリガナ必須
代表者名(お名前)必須
お名前フリガナ必須
メールアドレス必須
所在地
電話番号必須
FAX番号
携帯番号
ご職業
希望金額 万円
物件所在地
ご要望・備考・ご質問等
個人情報の取扱についての同意必須
個人情報についての詳細はこちら

PAGE TOP

サービスのご案内