既存不適格について

まずはかんたん査定

不動産用語集- glossary -

不動産専門用語の解説随時情報を更新しております

既存不適格(きそんふてきかく)

既存不適格建築物とは、建築当時の法令は順守しているにもかかわらず、現在の法令による建築基準を満たしていない建築物のことをいいます。

建築に関する法令は、年々変化しています。そのため、建築物の中には、建築当時の法令は順守されていても、現在の法令には適合しない物があります。
また、法改正以外にも、都市計画の変更などによって土地の面する道路の幅が変更になった場合や、用途地域が変更になった場合などに、法令に適合しない建築物となってしまうことがあります。

建築基準法では、既存不適格の建築物は違反にはならず、原則としてそのままの状態で存在が認められますが、増改築を行う場合には、不適格な状態を解消し、建築物全体が現在の法令に適合するようにする必要があります。
そのため、既存不適格の建築物には、増築ができない、改築すると元の建物よりも小さくせざるをえないといった問題が発生することがあります。

担保不動産を重視し、融資をしております大阪府・兵庫県・近畿圏以外のエリアの担保物件もOK

かんたん査定お申込み必要最低限のご入力で、最短当日にご返答させて頂きます

個人情報の取り扱いについて

当社では、個人情報保護に関する法律及び関連法令・金融庁ガイドライン等を厳守し、お客様の個人情報を徹底的に管理、保護いたします。情報を送信いただく前に必ずプライバシーポリシーをご確認ください。またこの送信により頂いた情報は「お申込に関するご返答」のみに使用致します。その他の使用は行いません。

データの取り扱いについて

データの流用・第三者への開示・社外への持ち出し等の行為を厳重に監視し、万全のセキュリティチェックを行っております。
また、後追い営業等の行為は一切行っておりませんのでご安心ください。

当社は、正式申込みの前の事前査定を導入しております。簡単な入力だけで、最短当日に結果をご返答いたします。

会社名(個人の方は不要)必須
会社名フリガナ必須
代表者名(お名前)必須
お名前フリガナ必須
メールアドレス必須
所在地
電話番号必須
FAX番号
携帯番号
ご職業
希望金額 万円
物件所在地
ご要望・備考・ご質問等
個人情報の取扱についての同意必須
個人情報についての詳細はこちら

PAGE TOP

サービスのご案内