日本モーゲージは不動産担保ローンをメインとした融資を行っております。

不動産担保ローン・用語解説

相続税

相続税とは、遺産相続の際にかかる税金のことです。

相続時精算課税の適用を受ける贈与財産と遺産総額の合計から、生命保険や死亡退職金などの「非課税財産」と、「葬式費用」、「債務」などを引いた遺産額に、相続開始前3年以内の贈与財産を加えた「正味の遺産額」に対して課税されます。

相続税の基礎除額は、平成27年1月から「3000万円+法定相続人の数×600万円」と定められました。つまり、上記の正味の相続財産からこの基礎控除額を差し引いて、それでも残った部分については相続税が課税されるというわけです。

税金だけでなく他の相続人への代償金の支払いが発生したりと、想像以上にお金が必要となるケースもありますので、当社の専門スタッフがご相談させていただきます。