日本モーゲージは不動産担保ローンをメインとした融資を行っております。

不動産担保ローン・用語解説

不動産登記簿謄本

不動産の登記簿には土地登記簿と建物登記簿の2種類があり、土地は一筆(1区画)ごと・建物は一棟ごとにそれぞれ記載されています。 不動産登記簿は土地・建物に関する所在・面積、所有者の住所・氏名、その物件の権利関係等が記載されていて、登記簿謄本とはその写しのことを言います。

不動産登記は、わたしたちの不動産(土地や建物)の情報を一般公開するためにあります。どこにどんな不動産があり、それが誰のものなのか等の状況を誰が見てもわかるようにすることで、安全で円滑な不動産取引ができるようにする役割があります。

登記事項証明書は、全国のどこにある不動産でも、誰もが取得することができます。
土地の登記事項証明書を請求する際は、「土地の所在」と「地番」、建物の登記事項証明書を請求する場合は「建物の所在」と、「地番」もしくは「家屋番号」が必要です。