日本モーゲージは不動産担保ローンをメインとした融資を行っております。

不動産担保ローン・用語解説

登録免許税

登録免許税とは、不動産登記を行う際に課される税金の一種で、不動産を取得した際や抵当権を設定する際には不動産登記が必要になり、その際に発生する税金です。

所有権の保存登記、売買による所有権の移転など種類により税率が異なり、また抵当権の場合は税率が一定であっても債権額によって登録免許税の額は変わってきます。

課税範囲として、登記、登録、特許、免許、許可、認可、指定及び技能証明が課税の範囲となっています。