日本モーゲージは不動産担保ローンをメインとした融資を行っております。

不動産担保ローン・用語解説

約定担保物権

約定担保物権とは、 当事者の契約によって生ずる担保物権をいいます。
これは、日本の民法においては、「質権」と「抵当権」の二つがあり、物的担保(典型担保)として扱われます。また、担保物権とは、特定の物を債権の担保に供することを目的とする物権のことをいいます。

抵当権は、「抵当権設定契約」をして始めて抵当権が発生します。 また、 質権は、「質権設定契約」をして、質物の占有を質権者に移して質権が発生します。

留置権・先取特権は、一定の要件がそろえば法律上当然に成立するという意味において法定担保物権に属し、質権と抵当権は信用授受の媒介として目的物所有者と債権者との間の設定契約により成立するので約定)担保物権に属します。